顎関節症とは


TMJ-picture400-1.jpg

顎関節症は、現代病のひとつとして、最近特に多くの方に見られるようになってきました。顎関節症は、下顎の関節頭が頭蓋骨にある関節円盤に不均等にあたることによって、関節全体に負担がかかり、雑音や痛み、口が開かなくなるなどの症状が起こる病気です。

一般的な顎関節症の治療法

顎関節症は、関節の病気なので歯科の専門分野の中では、口腔外科に分類されます。口腔外科での顎関節症の治療は、関節に電気的な刺激を与えるマイオモニターといわれる治療、歯にはめるスプリントを作る治療、関節を手術する治療などがあります。 顎関節症治療のスプリントは一般の歯科医院でも簡単に作れるので、試された方も多いと思います。ところが、顎関節症のこれらの治療では手術も含めて、顎関節症を完治させることは難しい場合が多いのです。

根本的な顎関節症の治療法

 顎関節症の根本的な治療法は、歯の噛み合わせがなんらかの要因によりずれてしまい,下顎が不均等に動いて顎関節に負担をかけている場合、複数の被せ物で、顎自体を理想的な噛み合わせに作り変えることによって、下顎の関節を負担の無い、自然な場所までもどして、顎関節への負担を軽減し、顎関節症を完治させます。

顎関節症の治療例

TMJ-case-mf-before-230.jpg

前歯を何とかしたいとのことで来院された方です。いろいろお話を聞くと、左顎が常にカクカク音がして、左肩にひどい肩こりを感じている 顎関節症の症状が出ていました。

診査の結果、左右の奥歯の被せ物のバランスが取れておらず、下顎が左にずれて顎関節症になっていることがわかりました。正面から見た顔の形も左側がやや張り出したようになっていました。

 

 

TMJ-case-mf-after-230.jpg

 

顎関節症の治療後の写真です。前歯と古い被せ物をすべて白い被せ物に変え、それと共に、下顎を右に戻すように噛み合わせを作り直しました。

下顎の位置が正常に戻ったので、顎関節症が原因だった顎の音が消え、肩こりもなくなりました。お顔も左右対称に近づけることが出来ました。